クラブワールドカップ準優勝!!鹿島アントラーズ大健闘の決勝レアル・マドリー戦に思うVAR(ビデオアシスタントレフェリー)の未来

Pocket

毎度ご覧下さりありがとうございます。

たいした内容じゃありません。ふと思ったことを呟いた程度の雑談日記でございます。
さらりと流してくださいませ。

ではどうぞ。

日本サッカー史に残る快挙

いやースゴイ試合でしたね。
高~いチケット買って現地に行かれた方、最高の一日だったのではないでしょうか。ほんとにあと一歩、もう少しで奇跡の瞬間が見えてただけに、心の底から残念でありました。あの審判の「イエローカード引っ込め事件」がなければねえ…w

過去のクラブワールドカップでのJリーグチームで思い出すのは、2008年のガンバ大阪ですね。準決勝でマンチェスターユナイテッドに3-5と善戦いたしました。ですが、あの時と今回は全く状況が違います。
ガンバサポーターには申し訳ありませんが、2008年の時は、マンU も来日直後の緒戦、時差ボケ解消のウォーミングアップモード。ガンバが3点取ったのはもちろん「快挙!」ではありますが、既に大差で試合の決着が付いた後のことです。

対して今回は、なんと!一度はリードを奪い後半15分まで勝ちゲームを演じたのですから。誰がこんな展開を予想したでしょうか。ガチの決勝です。相手も二戦目、コンディションも万全の状態のはず。正直言って0-5くらいでコテンパンにやられると思ってた(ゴメンナサイ)のは私だけではないでしょう。

まさに日本のサッカー史に残る快挙といっても過言ではないでしょう。鹿島の勇敢な戦いぶりにも世界中から賞賛の言葉が届いてるようです。

VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の影響?

で、それとは別にふと思ったこと。

冷静に考えた時に、やっぱりレアルマドリーの動きが想像以上に悪かったと思いませんか?来日二戦目なのでコンディションはまあ問題ないでしょうし。リーグ戦と違って華試合とはいえ、一応公式戦(しかも決勝)だから手抜きすることも考えにくいし。明石家さんまが「夜遊びしすぎや」と言ってましたけど、そんなこたあないでしょうし。
過密日程の連戦が続いてた(相当疲労してるはずの)鹿島が同等かそれ以上に走り勝ってた印象です。おかしいよね。

運動量以外にも、全体的なプレスがユルユルだった印象です。リーグ戦のレアルマドリーとまるで違う。特にゴール前ペナルティーエリアでの圧力がまるでない。ボディコンタクトも極端に少なかった印象です。柴崎の二点も素晴らしかったですが、あんな風にやられることってあまり見ませんよね。

これ、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の影響じゃないかと思うのね。今大会から導入されたビデオ判定システム。準決勝で鹿島が貰ったPKもこれでした。FKの際、西が足を引っ掛けられたヤツ。アレを見て、ファールまがいのタックルができなくなっちゃったんじゃないかね。

普段のリーグ戦でガツガツやってる分、いざこうなっちゃうと、どこまでやっていいのかサジ加減が分からずに躊躇してるうちに大会が終わっちゃったと。普段のペースでできなくなっちゃった…というのは考えすぎでしょうか。ソレぐらいしか苦戦した理由が考えられない。

逆に、ユルユルプレスでちょっと触ると笛を吹くJリーグ。そこで普段からやってる鹿島は慣れてます。相手があたふたしてる間に、すばやく適応しちゃったって感じがします。

 

欧州基準のレフェリングに寄せて行きたいが

今後どうなるんでしょうかね。VARが一般的になってくるのかしら。

日本代表のハリルホジッチ監督が普段から口を酸っぱくして話してる「デュエル」。要するに一対一で負けんなと、激しく当たれと、それが欧州標準やと。Jリーグはユルユルだから欧州基準の舞台に出ると勝てねーんだと。Jリーグのレフェリングを見直せと、そう言って来た訳ですね。

対してJリーグの審判部(?)は『ルール通りにやってる』というスタンスです。要するに欧州標準は運用のしすぎだという解釈ですね。どちらが正しいかは置いておいて、結果的に日本人プレーヤーが欧州移籍すると苦労する原因になっているのは事実です。競技の質が変わっちゃうからね。

今後日本サッカーが成長していく上で、欧州基準に寄せていかないといけない、という認識は、選手、指導者、サポーターなどの間で、なんとなーく共有されてたとは思うんですよね。

ところがVARでこれが一変するかも…というのは考えすぎでしょうか。ユルユルJリーグ基準が世界標準になったら…Jリーガーが世界から引っ張りダコに…はならんやろなw
まあでもアレをイングランドプレミアリーグなんかに導入したらとんでもないことになりますよね。試合中断しまくり、退場者出まくりでしょう。基準を見直すのかな。

てな、どうでもいいことを少し考えたこの大会でした。

いずれにしても、アントラーズの戦いぶりを賞賛すべきことに一点の曇りもありません。元々彼我の実力差がハンパ無いですからね~。すべてのサッカー関係者に希望を与えてくれたアントラーズに祝福!

 

本日もお付き合いくださり、ありがとうございました。

こちらもどうぞ♪
『もうすぐ見納め?久保くん出場J3観戦SC相模原vsFC東京U23』 オススメ
『BSで見れる!!久保くん出場U-20ワールドカップ日本代表放送日程』 
『こどもの日恒例相模の大凧まつり日本一の8間大凧』
『FIFAサッカーW杯2026年~48カ国 ランキングから勝手にシミュレーションしてみた』 オススメ
『日本サッカー後援会の会員証が来たっ!!なでしこリーグも観戦できる』
『なでしこリーグ現地観戦@ノジマステラ相模原』

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です