バイク弄りGB250 純正部品廃盤時…中古・流用パーツの他にNTB代替部品もおすすめ

Pocket

いつもご覧下さりありがとうございます。

突然ですが、NTBって知ってますか?
久しぶりにクラブマン&バイク整備の話です。

ではどうぞ。

非情な純正部品廃盤宣告

以前の記事、メーカー純正部品発注方法でもご紹介しましたが、GB250のような古~いバイクを維持していく上では避けて通れないHonda純正部品。修理・整備に必要な交換部品を発注すると…、在庫回答に「納期未定」「残り○○個」、なんて出てきたらそろそろヤバイです。最後の非情告知、『廃盤』の日は近いでしょうw

宗一郎さん亡き後、最近のホンダは部品の在庫管理が厳しいようで、昔に比べると旧型車種へのサポートが悪くなってしまいました。10年過ぎは基本的に無くなったらオワリ、みたいな冷たいスタンスのようですね。GBのように20年以上も前の機種だと押して知るべし、特にうちの子(初期型)なんか1983年式ですからね、34歳。絶滅危惧種やな。

修理やオーバーホールの度に、あの部品もない、この部品もない、と次から次へと容赦なく廃盤宣告される今日この頃であります。

自衛手段はいくつかあるけど

まあでも、そんなことくらいでメげてる様じゃ古いバイクには乗れません。みなさん色々自衛なさっていることと思います。昔からあるものも含め、主な手段としては、

  • なんといっても廃盤になる前に確保しておく。
  • 中古部品を解体屋でゲット
  • 部品取り用に車体やエンジンを複数台キープしておく(場所があればこれが一番)
  • 他車種の流用を探す
  • ヤフオクで調達(←今はホントこれが便利。良い時代ですよね♪)
  • 汎用品を活用(ガスケットなどは形に合わせて切ればOK)
  • 作る(笑)…まあ、どっかに頼んだりしてね。

などなどいろいろありますが、本日ご紹介のこちら「NTB」は、上記とは少々異なる自称「純正『代替』部品」というものです。最近あちこちで良く見かますので、気になっている方も多いのではないでしょうか。

純正品ではないけど、流用品、カスタム品や汎用品でもないよ、という。
なんやそれ?

ではゆっくり見て行きましょう。

NTBとは

さてNTBとは。何の略でしょうか。
西東京バス、と答えたアナタ、悪くないけどちょっとセンスがダサいです(失礼)。インテリジェンスあるボケをカマすならnon-tariff barrier (非関税障壁)くらいは言っておきましょう。

…という面白くも何ともない脱線は置いといて、正解は「Nippon Tansha Body(日本単車ボディ)」だそうです。
最後のBは「部品」かと思ってたけど違うのね(^_^;)A
正確に言うと、「丸中洋行」という会社(部品メーカー)が運営する、二輪用補修部品のブランドのことです。

ごちゃごちゃ言っててもしょうがないのでリンク貼っておきますね。ご覧ください。
『NTB公式サイト/NTBブランドのリペアパーツメーカー 株式会社丸中洋行』

せっかくなんで上記HPより引用拝借。

会社概要

純正品同等以上の性能を有するリペアパーツを供給。

(中略)

経営理念

『近年、複雑化・高度化する…(中略)…弊社は自動車関連パーツの研究開発に取り組み、…(中略)…、各方面のメカニックドクターから厚い支持を受けています。
ブレーキパッドからオイルフィルターまで。そのいずれもが、純正品に匹敵するクオリティーとコストパフォーマンスを実現。“永遠の定番”と、高い評価を得ています。』

 

 

要するにですね、二輪車のバーツを製造販売してる訳なのですが、ポイントは、

  • 基本的に純正品と全く同じ仕様の部品(カスタム品ではない)
  • 純正品以上の品質を目指す
  • 純正品より安く
  • (書いてないけど恐らく)廃盤で困ってるであろうユーザーニーズの高そうな部品に積極対応

要するに、ホンダ純正品じゃないけど純正品と同じに使えるよ、「純正『代替』品」ですよ、という趣旨ですね。要するにパクリ…、とは言わないのかな(汗)。まあコピーではなくサードパーティ的な感じなのかしらね(^_^;)A

最後の点に関しては明記していないものの、商品ラインナップを見るとなんとなく分かります。やはり廃盤で困ってるやろ~的なパーツ、ニーズのありそうなパーツを重点的に狙っている感じがしますね。まあ、純正廃盤になってない部品をフルラインで揃えても商売にならないだろうしね。

ということで、我々ユーザーにとっては大変ありがたい企業姿勢でございます。

実際にはあれもこれも、って訳にはいかないのですが(実際GB用の商品種類は少ないです)、古~いクラブマンを維持していく上では、一回くらいは目を通しておいてもよい部品情報だと思います。

なもんで早速、具体的に見て行きましょう。

部品検索の仕方

実際に商品ラインナップを見て行きましょう。
まずは上記のリンク先、公式ページを開きます。

NTB公式ページトップ

上部メニュー、左より二番目の『二輪製品情報』をクリック。

NTB二輪製品情報トップ

ここでパーツカテゴリー別に調べることもできます。上から順に、

  • ハンドル周り…ケーブル類、ミラー、ハンドルバー、マスターシリンダー、レバーなど
  • 駆動系…スプロケット等
  • 電装…ランプ、ホーン、スイッチ類
  • 外装…シートなど
  • エンジン系…マフラー、EXガスケット、エアーフィルター、オイルフィルター、ガスケット類、キャブパーツなど
  • 足回り…ブレーキパッド&シュー、フォークシール、ショック
  • その他

となっています。時間のある時にでも全部見てみても面白いでしょう。ただし、結局のところ、探すのは汎用品ではなく純正代替部品なので、さっさと車種検索した方が早いです。参りましょう。
右上の『NTBオートパーツサーチ』をクリック。

NTBオートパーツサーチトップ

右上の『利用規約に同意する』をクリック。

車種入力画面

左側に車種入力欄があります。メーカー蘭を『HONDA』にして車種名に『GB250』と入力。フレームNoとかは入力しなくても大丈夫です。入力したら下にある『SEARCH』をクリック。

GB以外の車種でも同様にすれば大丈夫です。

検索結果

検索結果です。少し見にくいですが、上から順番にGB250クラブマンの、E型、H型、J型、L型…という風に8個出てきました。何故8個なのかは知りませんがw 

ご自身の型のクラブマンを選んでクリックすると、NTBで用意している商品ラインナップが表示されます。うちのE型だと…、20個くらいですね。やっぱり少ないかな(^_^;)A

GB250クラブマンで使えそうな部品

数は少ないですが…、でもね、既に純正では廃盤のスロットルケーブルやクラッチケーブルがあります!! また、オイルフィルターやエキゾーストガスケットなどの消耗品もリーズナブルな設定のようですので、検討する価値は大いにあるでしょう。H型以降だと、レバー(ブレーキ・クラッチ)類やエアフィルターもあるようです。

あとですね…念の為、補足です。多分型が違っても使えるものがあると思うんですよね。H型のエアフィルターなんかは多分そのままE型でも使えるはず。

なので、自分の型と違うところも一通り見ておくことをおすすめします。

品質は?

値段はお安いようですが、気になるのはクオリティです。

うちの初期型(E型)では、フロントのスプロケットをこちらの部品で代用しております。五年くらい使ってますが、特に問題なし。品質に関してエラそうに評価するほどの知見は私にはありませんが、パッと見た感じの作り、質感は、正直言って純正品より良かったですw

次のスロットルケーブorクラッチケーブルもこちらにお世話になる予定でおります。できればチョークケーブルも用意してくれるとありがたいんだけどなぁ…。

どこで買うか

最後に購入方法です。
NTBさんのホームページで会員登録してオーダーしてもいいんですけどね、他にもいくつか買い方がありますので、まとめてご紹介しておきます。

比較検討して、送料含めて一番安いところでオーダーするのが良いでしょう。

バイク系専門ネット通販

大手二社とも取り扱いがあるようです。
値段の他に送料も比較検討すると良いでしょう。web!keは3000円以上で送料無料です。バイクブロスは5000円以上で送料無料ですが、雑誌を一緒に買うと送料無料になりますヨ。

We!ikeはこちら⇒ウェビックショッピング
BikeBrosはこちら⇒バイクのパーツ探すなら? バイクブロスのパーツ・用品通販

 

amazon、楽天、ヤフー

定番の大手ネット通販三社とも取り扱いがあるようです。一応、「NTB GB250」での検索で貼っておきますので、リンク先で更に具体的に欲しいパーツで検索してみてください。

MonotaRO(モノタロウ)

最後にこちらも付け加えておきます。
モノタロウも3000円以上で送料無料ですね。以前ほどではないとはいえ、安さに定評のあるモノタロウですので、一度確認しておいて損はないでしょう。

モノタロウ公式サイト⇒MonotaRO 「NTB GB250で検索」

 

まとめ

ということで少々マニアックな情報でしたが、GBほか古いバイクに乗り続けてゆく上では、お役に立つこともあるかと思います。

廃盤続出の初期型ケーブル類は、ノーマル仕様で維持されている方には有用でしょう。フィルター類も純正品より安く入手できますので検討の価値有。

個人的にはタンクキャップを何とかして欲しいんですけどね。こんな加工(⇒『タンクキャップパッキン自作』)やらずに済むとありがたいのですが。

何かの機会にご参考にしていただければ幸いです。

 

本日も最後までお付き合い下さりありがとうございました。

Honda純正部品の発注についてはこちらの記事もご参照ください。
『メーカー純正部品の買い方』

こちらもどうぞ♪
『任意保険更新♪保険料、ロードサービス、事故対応…おすすめは?バイク保険の選び方』 
『タンク&カウルをレストア!!GB250クラブマン初期型純正仕様に』 オススメ
『ペイントマーカーで簡単スミイレ キースイッチが新品みたいに』
『細部を磨けば新車の輝き?プロ仕込み(笑)おすすめバイク洗車の方法』 オススメ
『オイルフィルターエレメント交換』
『冬のバイクの防寒装備♪カッコいいゴールドウィンハンドルカバーが最強』
『バイク用レインウエアの水漏れ修理♪縫い目のシールをアイロン圧着』
『5年契約で5割引も♪自賠責は長期加入⇒途中解約で保険料を節約』
『オイル交換&プラグ交換と一通りの点検整備』 オススメ

GB250クラブマン整備関連記事のカテゴリーはこちらです♪
 『【自宅の庭でバイク弄り】メンテナンス整備・修理・レストア』 オススメ

Pocket

スポンサーリンク
クリックコメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.