お風呂の蛇口ポタポタ水漏れをDIYで安く修理♪TOTOシャワー付サーモスタット混合水栓バルブ交換

Pocket

いつもご覧くださってありがとうございます。

忘れた頃、たまにやってくるニワカ日曜大工のコーナー。
前回はたしか7月初旬、バネ(スプリング)が折れちゃったドアノブ修理の話でございました。しばらく平穏に暮らしておりましたが、懲りずに次から次へとイロイロ壊れるものでありますね(T_T)

ということで、表題の通り、今回は風呂場の水栓の水漏れでございます。これも業者さんに頼むと高いからね~。できれば自分でチャチャッと片付けてしまいたいものです。…しかしながら、水廻りは若干難易度が高いというか、箇所によっては、やはりプロにしか出来ない場合もございます。ハテサテどうなることやら…。

ではどうぞ。

スパウト出口からポタポタ水漏れのTOTO混合水栓

こちら、約7-8年前に風呂釜交換時に一緒に付け替えたTOTOの水栓です。水道屋さんに頼んだこともあってエライ高かった(5万以上したはず…)記憶があります(^^;) 見た目はキレイなんですけどね。この前新品にしたばっかりなのに、もう壊れんのかよ…、何か早いねえ。

サーモスタット付き混合栓

いわゆる『サーモスタット付き混合水栓』というヤツで(決して『サーモスタット』ではないと思うがw)、in側が①ボイラーのお湯と②冷水の2口で、out側も①スパウト(いわゆる蛇口)と②シャワーの2wayとなっているやつです。要するに一番複雑で壊れやすく高価なヤツ、一番買うたらアカンやつですw

最近のボイラーは1℃刻みで温度調整できるので、こんなの要らないんですよね。壁の穴が二口あるからこれが良いって年寄りが言いくるめられた結果でございますよw

まずは現状確認です。水漏れの状況がこちら。

スパウトの先っぽからポタポタ垂れるパターンです。
この他、極僅かですが、開閉ハンドルの付け根からも微量に漏れているようです。前々から多少気にはなっていたのですが、最近増量(笑)してきたようで、夜中にポタポタピッチャーンと煩いから早く直してくれ、とオカンのリクエストであります。

下に洗面器を設置して一晩放置しておくと…

ちょっと見にくい写真ですけど、結構溜まってます。
ジャジャ漏れって感じでもないけど、少なくもないかなって感じ。一合以上は溜まってそうです。まあ水道代そのものは大したことないけど、最近時急激に悪化してるようだし、あまりモタモタと先送りしてる訳にもいかなそうですね。

水漏れの原因と代替部品の有無を情報収集

ネットで『風呂 水漏れ』で検索すると詳しい情報を提供されているサイトがいくつか出てきます。ありがたいことで。

で、いくつかザーっと眺めてなんとなく分かったことは、スパウト先端からの水漏れは結構面倒だということ。継ぎ目から漏れている場合は大概シールを交換すれば済むようですが、今回のように蛇口から水漏れしているということは、バルブの損傷・劣化が原因の可能性が高いようです。つまり中身です。そうすると自分で交換できない可能性も高いようで。となると業者さんに頼むより他ありません。うーん、前途多難っぽい…。

水栓の型番(品番)を確認

まあ途方に暮れていてもしょうがないので、より具体的な情報収集に移ります。まずは品番の確認です。開閉ハンドルの付け根すぐ脇、下側にシールが貼ってありました。

品番

これですね。『TMHG40CCR』とあります。
こういう場合にいつも思うことですが、いわゆるベストセラー品というか定番品、つまらなくてもカローラみたいな量産品だと、一般的に補修部品も入手しやすく楽なんですよね。レア機種でないことを祈るばかり。

TOTO公式サイトで補修部品探し

では参りましょう。
実はTOTOの補修部品探しには超便利!!なサイトがあります。
以前、台所のレバー水栓のバルブ交換でもお世話になったこちら、TOTO公式サイト。
『TOTO:COM-ET(コメット)』

リンク先を開くとこんなトップページが出てきます。

TOTOコメット トップページ

真ん中の辺り、『COM-ET検索』欄に先ほどの品番を入力します。すると…

出てきました!! 『分解図』のタブを開いて、PDFファイルをダウンロードしておきます。全ての部品番号が記載されていますので、必要な補修部品を探すのに役立ちます。それだけでなく、実際の分解・組上げ作業中も、この紙が一枚あると、ものすごーく便利です。なのでプリンターで印刷しときます。

さきほどの各種サイト情報に基づく仮説、仮にバルブ劣化が原因だとすると、交換部品は『TH577:開閉ユニット部(定価3456円)』となるようです。で、実際に、これでググってみると…

amazonを中心にそこそこの情報量がありました。みなさんこの開閉ユニット交換でスパウトの水漏れをセルフ修理している方が多いようで(^^;)
我が家の水栓も幸いなことに定番品だったみたいで、これはラッキーかも。直せそうな気がしてきました。

最後にTOTO部品センターに電話で確認

だいたい見通しが立ちましたが一応最終確認。TOTOに直接電話するのが一番です。
電話番号はこちらです…と記載しようかと思ったのですが、さすがに電話番号をそのまま載せるのはアレかな?ということで、必要な方はこちらのリンク先をご参照ください。
『TOTOパーツセンター』

「お問い合わせ窓口」欄にフリーダイヤルが書いてあります。
ありがたいことに土日祝日も稼動しています。そして「混み合います」という割には早く繋がりました。大手企業の余裕を感じますなw

こちらの超親切!!なオペレーターの方に、症状と品番をお知らせすると、「『多分』この開閉ユニット(TH577)で治るでしょう」とのこと。現物を見ていないので当然保証はできない訳ですが、ある程度ハッキリ言ってくれるのは助かりますね~。

で、この場で(電話で)補修部品オーダー(発注)も出来るのですが、3456円+送料540円ということでしたので、お安いamazon(送込2842円)にお世話になることにいたしましたw ゴメンネ。

 

補修作業の準備

amazonから商品到着

amazonに発注したのが土曜の午後、納品予定は月曜だったのですが…なんと日曜早朝に届きました。早過ぎやろw

10/1からヤマト運輸の値上げが実施された通り、宅配ドライバーの過剰労働が社会問題化している昨今ですが、そんな風潮どこ吹く風のamazonのこのプレゼンス、スゴイね~。よく見たら「『発送しました』メール」が来てたのが深夜未明でしたわw

そして相変わらずやたらとデカイ箱の割には鬼のように軽いという…
オカンいわく「またボールペンの芯でも買ったの?」だって(^^;)

開けてみると…、小さっ!!
そしてプラスチッキーな部品一個。なんかオモチャみたいだな。こんなもんが3000円もするのか…

サイズ感が分かるように扇子と並べてみましたw

工具類あれこれを用意

たいして専用工具が要る訳でもないのですが、水廻りということで、いくつか必要なもの・注意点がございます。なので一応ご紹介。

工具類

左下から

  • 精密ドライバー(プラスとマイナス)…狭いところを引っ掛けたりするのに使用。まあ無くてもよかった。
  • 古い歯ブラシ…外した部品の水垢取り・掃除用に。
  • 普通のドライバー…写真の他にプラスも使った
  • プライヤー
  • ウォーターポンププライヤー…お爺ちゃんの形見(?)の工具箱にあったのでせっかくだから用意しました。お爺ちゃんナイス!! …まあ実際は無くてもよかったです。普通のプライヤーでOK。
  • ボロ雑巾…外した部品の水垢取り・掃除用に。あとそこらに零れた水を拭くのに一枚必須。
  • バケツ…これ結構重要。作業中は元栓を止めちゃいますので当然水が出ません。なので…お察しの通り、部品を掃除したり、手を洗ったりする為の水を予め確保しておかねばならないのであります。まあ洗面器とかでも良いかと。

作業前の下準備

つーことでまずはバケツに水を溜めます。あとで使う用の水です。

水を溜めたら元栓を閉めます。
で、通常は庭とか外壁にある大元の元栓を閉めるんですけど、今回はこちらの止水栓で事足ります。イチイチ庭まで行って手を汚さずに済む…という他に大きなメリットがあります。詳しくは後ほど。

止水栓

マイナスのドライバーで閉めて行きます。ネジが止まる所まで締めればOK。右側は冷水口ですが、左側のボイラー口も同様に。

尚、後ほど現状復帰する時用に、回した数を忘れずにメモしておきます。
今回は左右とも同じく、5と1/4回転でした。これが標準値なのかしらね?そういう風に決まってるのかな?

止水栓を閉めました。開閉ハンドルを上下にしても水は出てきません。ちゃんと閉まってますね。

取り説に従って分解作業開始

では実際の作業に参りましょう。
ここから先はマニュアル通りに進めればさして難しくもありません。なので参考程度にどうぞ。

尚、毎度のことですが、ご自身で作業をなさる場合はあくまで自己責任でね。また、言うまでもなく、保証期間中に自分で分解すると保証対象外になる可能性が高いですのでご注意を。

では、行ってみよう!!

まずはハンドルを外します。
スパウト(蛇口)⇔シャワーの切替ハンドルを、ちょうど『止』の位置に合わせます。取っ手が水平になる位置ですね。

この機種の場合ですが、まずは右側の化粧キャップを外します。切り欠きの部分に精密ドライバーを入れて慎重に。長年の水垢等で固着してますので。

キャップが外れました。中を見るとプラスネジで留まっていました。プラスのドライバーで外します。ネジを外すと…

ハンドルが外れました。

続いてプラスチックのブッシュを外します。手でスポッと取れました。

続いてインデックスです。と言ってもこの機種の場合、インデックス(表示)になってませんけどねw

本体下側に切れ目が入っているので、割れないように注意しながら、慎重に「開いて」外します。

で、ここまで外すとようやくナットに辿り着きます。
組み立て時にそれほどトルクを掛けて締めていないので、本来は手で緩むハズなのですが…

長年の使用による水垢と腐食(?)etc.で固着しております。

…ということで、ここでお爺ちゃんのウォーターポンププライヤーの登場です。

傷が付かないようにボロ布を噛ませました。

固着とはいっても、カジ