年末節税 株の益出し損出し 証券会社別特定口座年間損益データ確認方法-SBI・楽天・カブコム・松井・岡三オ

Pocket

いつもご覧くださりありがとうございます。

早いものであと10日で今年も終わりです。年内営業日は今日を含めてあと僅か3日。そろそろ損益計算しないといけませんね。含み損(含み益)を上手に相殺して賢く節税したいものです。

いざ年間損益・配当金の最新データを確認しようと思っても、ハテサテどの画面のどのメニューをクリックすればよかったんだっけか?証券会社によっていちいち操作が異なるので訳ワカメです。
まあ、証券会社のコールセンターは親切丁寧に教えてくれますけどね。でも去年せっかく覚えたのに、一年経つとすっかり忘れてしまってますw

つーことで、毎年のことなので備忘録として作ってみました。よろしければお役立てください。

ではどうぞ。

事前準備

各証券会社のサイトへアクセスする前の大事な準備。2月の確定申告の用紙を引っ張り出して来ましょうね。三年分の繰越損失を確認せねばなりません。儲かってばっかりで損なんか出とらんわって?ソレはソレは羨ましいことでw

皆さんご存知でしょうが一応おさらい。こちらですね。

確定申告書類 損失繰越

儲かりすぎて損失繰越してない方は今年分の節税だけ考えておけばよいので単純です。が、繰越の有る方、特に三年目(平成25年分)の繰越損失がまだ残っている方は、モッタイないので消されちゃう前に上手く益出しして節税したいですね。

一応こちらもおさらい。1月初旬に送られてくる特定口座の年間取引報告書です。カブコムのPDF版があったので参考までに貼っておきますね。

年間取引報告書 カブコム

確定申告の際には赤枠の①譲渡損益②配当金、それぞれの金額が必要ですね。「年間取引~」は12/末日(受渡日)で締めた最終的な数字ですが、この数字の、日々更新されている現在進行中の最新データを証券会社のサイトから読み出しましょう。最終日までにどちらに(プラスかマイナスか)、いくら調整すればよいのかハッキリします。
証券会社によって若干フォーマットが異なってるのがイラっとしますが、まあ最終的には差し引きがプラスかマイナスか、金額はいくらか、が分かればOKですね。

当ブログをご覧になってる優待マニアの皆様ですと、大概、たーっくさん配当金貰って、その分たーっくさん信用配当金を払ってる(譲渡損失)、っていうパターンが多いんでしょうかね?

では各社別の操作方法へ参りましょう。

証券会社別損益データ確認画面

岡三オンライン証券

私のメイン口座。一般信用使えないので最近は肩身が狭いですが。
手数料最安の座はGMOクリック証券に譲ってしまいましたが、GMOってなんとなくね、ほらね、アレだしね、ごにょごにょ。

ここを使って無い方はゴメンナサイ。読み飛ばしてください。

まずは譲渡損益。

岡三オンライン証券 譲渡損益データ

  1. メニュー上「資産状況」→メニュー左「過去のお取引」→「譲渡益税履歴」
  2. 受渡日を「2016年1月1日~2016年12月31日」と入力し「照会」を押す
  3. 「照会」の下に最新の損益合計金額が出てきます。

続いて配当金。譲渡損益と同じ画面です。

岡三オンライン証券 配当金履歴

  1. メニュー上「資産状況」→メニュー左「過去のお取引」→「配当金履歴」
  2. 受渡日を「2016年1月1日~2016年12月31日」と入力し「照会」を押す
  3. 「照会」の下に最新の配当金合計金額と徴収済みの税金金額が出てきます。

理屈上は、「12月末に締まった時点」での上記金額が、「年間取引報告書」の記載金額とイコールになるということになりますね。

ちなみに、こちらは都度発行される電子交付の譲渡益計算書。

岡三オンライン証券 電子交付 譲渡益計算書

赤枠上が年間損益額、下が配当金です。基本的には前述のサイト内画面、および年間取引報告書と同じ項目となります(タイムラグがあるので画面上の数字とはズレたりします)。

(岡三オンラインの口座開設は公式ページへ『個人口座開設のご案内|岡三オンライン証券』

SBI証券

サクサク行きましょう。優待マニアなら必ず持ってるSBI証券口座。こちらもシンプルで分かりやすいです。

SBI証券 損益データ画面操作

  1. 上メニュー「口座管理」→「取引履歴」→「譲渡益税明細」
  2. 受渡日を「2016年1月1日~2016年12月31日」と入力し「照会」を押す

そうするとこういう画面になります。

SBI証券 損益計算画面

紫色の楕円の部分、右上が「損益金額合計」、右下が「配当金額合計」です。理屈上、「年末締め」後は年間取引報告書に記載される金額とイコールになります。左の数字は徴収税額ですが、SBIは所得税と地方税の内訳記載がありません。気になさる方はCSVデータ(地方税データ有)をダウンロードして、自分でシコシコ引き算するしかありません。

ちなみにこちらはSBIの電子交付。岡三オンラインと全く同じフォーマットで助かります。

SBI証券 電子交付 譲渡益計算書

 

(SBI口座開設は公式ページへ⇒SBI証券  
(※ネクシィーズ電話サポートでの口座開設はこちら⇒『SBI証券の開設はネクシィーズトレードへ  )※全部自分で出来る方は公式をオススメ

松井証券

一般信用の走りだった松井。ですが近年は銘柄数も少ないし手数料も高いし、全く見る影もないですね。というかやる気が全く感じられんなw
皆さん、カブコムの利用頻度の方が圧倒的に多いとは思いますが、ちょっとカブコムね、分かりにくいので後回しです。フォーマットが他の会社と少し違うのね。

松井の画面はこちら。

松井証券 年間損益計算画面

  1. 上メニュー「資産状況」→左メニュー「特定口座損益」
  2. やや上「期間指定」を「16/1から16/12」
  3. その右側「取扱区分」を「全部」にして、右端の「検索」ボタンを押す

紫色の楕円の部分、左が譲渡損益合計金額、右側が配当金の合計金額です。シンプルで分かりやすい。

モザイクかけて消しちゃったけど、一応下に明細が出てきます。内訳を確認したい方はご自身で足し算引き算してみましょう。ただし、この画面ではCSVダウンロードできないのが不便です。
明細の「配当金」項目の金額を合計すると、上の「配当金等合計」金額(税引後)とイコールになるはずです。また、「配当金」以外の項目の右端「譲渡損益」を合計すると、上の「譲渡損益合計」とイコールになります。

松井は以上です。あまり使わないよね。

(松井の口座開設は公式ページへ⇒『松井証券

カブドットコム証券

最後にカブコムです。12月は特にお世話になる方も多いのでは。ここ数日は毎日が抽選会ですねw
では参りましょう。

カブドットコム証券 年間損益

  1. 上メニュー「資産管理」→「年間損益管理」

以上です。紫色の楕円の部分、一番上の数字が特定口座の年間損益です。下の二つは国税と地方税。
シンプルっちゃシンプルなんですが、要するに内訳が全く分かんないんですよね。譲渡損益がいくらで配当金がいくらなのか、年間取引報告書が来るまで分かりません。ここに出てる数字が全部の合算です。

SBIなんかだと、例えば…、
受取配当金が30万、譲渡損益がマイナス32万(うち、信用支払配当金28万含む)、で結局2万マイナスか
…みたいな計算になる訳ですが、カブコムだとそれらを全部ひっくるめて合算後の金額が上に表示されてます。この例でいうと、マイナス2万としか表示されません。

ちなみに詳細を確認できるCSVダウンロードも無いようです。節税のための損益調整が目的なので、これでも問題ありませんが、ちょっと戸惑うと思いますので一応ご注意を。

(カブコムの口座開設は公式ページへ『株のことならネット証券会社【カブドットコム証券】』

(2017.12.4追記)楽天証券

一般信用が使えるようになった楽天証券、休眠口座を復活させて活用された方も多いのではないでしょうか。ということで楽天も見て行きましょう。

まずはログインしてトップ画面から。

  1. 左上の「口座管理」にマウスカーソルを合わせると、プルダウンメニューがビローンと出てきます。
  2. 右下の方にある「特定口座損益(譲渡益税)」をクリック。

すると…

一目瞭然ですが、「譲渡損益合計」+「配当金合計」=総額となっています。で、それぞれ下に源泉徴収税額が記載されていますね。シンプルでとても分かり易いですね~。ほかの会社も見習って欲しいw

ですが一点だけ注意事項があります。この足し算の数字、タイムラグがあるようなのですね。

下の「年間合計月次履歴」をクリックしてみましょう。すると同じ項目データが出てくるのですが、よく見ると上下で数字が異なっている場合があります。こちら(「~履歴」)のデータの方が最新のようです。上の「足し算」の方はアップデートが数時間遅れるため、直近(例えば12月分の配当金)のデータが反映されずにその分差異が発生することがあります。

詳細は不明ですが、どうも配当金だけ受渡日の翌朝、足し算の欄へリセットされて反映されるようです。なぜこのような仕様になってるのか分かりませんが、まあ要するに下(「~履歴」)を見たほうが確実だよ、ということで。

(楽天の口座開設は公式ページへ『楽天証券の口座開設から取引開始まで|はじめての方へ』

まとめ

ちょっと駆け足でしたが参考にしていただければ幸いです。まだ年内三日ありますので、配当金やらなんやらで出入りが有る方も多いでしょう。上手く活用して賢く節税してくださいね。

今月の権利付最終日は12/27(火)です。よろしければ当日速報版(12/27お昼頃公開)もご覧くださいませ。

 

本日も最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

困った時に役に立つ??株主優待便利情報はこちら♪
『最安証券会社が一目で分かる!!価格帯別信用手数料比較一覧表』 オススメ
『楽天証券が一般信用参入!!株主優待に最適な口座改めて比較検討してみた』 オススメ
『権利日必須テク!!楽天⇔カブコム⇔SBI証券口座間で余剰資金を”即時”入出金する方法』 

『2018年権利付最終日カレンダー【逆日歩日数付き】』
『株主優待券の換金相場の調べ方♪金券ショップ買取価格とヤフオク落札データ』
『CSV一括ダウンロード♪証券会社別一般信用売り在庫確認方法』

こちらの株主優待ネタ記事もどうぞ♪
『GMO優待「使えない」くまポンギフト券で買ったガラクタあれこれ』
『涙と笑い 株主優待 高額逆日歩オモシロ銘柄ランキング』 オススメ
『貰ってガッカリ 雑誌は書かない株主優待脱力銘柄』

『月末だけじゃない!!15日20日の優待銘柄もたまにはチェック』 
『株主総会お得なお土産勝手にランキング30選』 オススメ

手数料 業界最安値水準  

Pocket

スポンサーリンク
クリックコメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください