具を切って包むだけ 子供も喜ぶ簡単レシピのアウトドア手巻きタコスのおすすめ 

Pocket

いつもご覧くださってありがとうございます。

メキシコ料理の定番、というか、メキシコが世界に誇るソウルフード、タコスの話であります。
最近ではタコベル(TacoBell)が20年ぶりに日本再上陸とか、少しばかり話題になりましたね。
このタコス、実はピクニックにオススメであります。「ピクニック」と言うと昭和感満載、ジジむさい言葉ですが、要はアウトドアイベントの軽食にもってこい。花見に花火、運動会や海水浴、キャンプの朝食でも楽しいですよ~。

ではどうぞ

たまに無性に食べたくなるタコス

タコスの思い出。

メキシコ ピラミッド フリー素材私がまだ物心ついたばかりの小学生の頃、親父の仕事の関係で、一時、南米某国に住んでいたことがございました。まだ海外旅行(飛行機代)が高かった当時、これ幸いとばかり、夏休みだの冬休みだのにアッチこっちに出掛けさせていただきました。ありがたいことで。

で、メキシコのピラミッド巡りに行ったのは小4の夏だったかな。暑かった。
正装させられてね、高級メキシコ料理食べに行きました。…まずかった。露天で食ったタコスが一番うまかったのです。というか子供の口に合うものがそれしかなかった。腹ペコでね、ああー美味いと思いました。懐かしいな。

モニュメントバレー大学生の頃、レンタカーを借りて全米一周しました。
英語もロクにできません(一応私大最難関クラスですけどね(^_^;)A、受験英語全く役に立たないよね)ので、毎朝ファストフードです。指差し確認でオーダーできるし。
でも毎朝ビックマック食ってると飽きるので、たまにタコベルだのデルタコ(del taco)を織り交ぜておりました。
結構安くて美味しい。
病みつきになりました。

セブンマイルブリッジ

ちょっと脱線するけど、マックでオーダーした後に「ふぉーひーとがー%#%&#」って言われるんですよ、毎回。何回、何十回聞いても分かんないの。俺、もしかして難聴なんかな(´;ω;`)とかね、もう涙目。
“for here or to go” 要するに「店で食うか、お持ち帰りにするか?」って聞いてるのね。「ていくあうと」なんてアメリカ人誰も使っとらんw

後年、仕事や遊びでアメリカへ行くと、無性にタコベルに行きたくなるんですよね。なんなんでしょうかね。あのスパイシー感が欲しくなるというか。いつでも食えるマックと違って、日本に無かったからかもしれませんね。

ホワイトハウスそしてそのタコベルが約20年ぶりに日本再上陸だそうです。 前回の苦渋の撤退から20年。なぜこのタイミングで??? 別に日本にタコブーム起きてないよな?

2014年の夏に、あることが起きました。妖怪ウォッチやデング熱の流行でも、中山美穂の離婚でもありません。マクドナルド(大きなお世話ですが、英語風に言うとメッダーノゥズね)の期限切れナゲット事件の発覚であります。そして芋づる式に次から次へと出るわ出るわ、一連の不祥事とその結末の迷走。連日のマスコミのバッシング、客足は遠のき、業績も先の見えない泥沼。

ここが千載一遇のチャーンス!!と。
タコベルやカールスジュニアなど、続々と、かつての負け犬が日本再参入。さらに本場アメリカにおいて、ハンバーガーチェーンの盟主争いを繰り広げるバーガーキングやウェンディーズなど、捲土重来を期す各社が一斉にリソースを拡大投入してきました。 こういうところはさすが資本主義の最先端にいるアメリカ、エゲツないわ~と思います。

 ただね、どうなんでしょうかね。結果は推して知るべしのような気がしますが。デフレ国家でのプライシング舐めすぎだと思うけどね。大きなお世話かw

大分前置き(ただの雑談ですねwすみません)が長くなりましたが、かように楽しい思い出いっぱいのタコスさんなのであります。

タコスはお弁当すると楽しい!

さて、このタコスですが、意外なことに、アウトドアの弁当や酒のアテにも最適なのです。普通の弁当と違って現地で若干の作業を要しますが、それが逆に良かったりして。

作業と言っても基本的に切って包むだけ。左手にタコスシェルを広げ、右手で具材をスプーンで取ってのせるだけです。我が国伝統の手巻き寿司も似たようなものですが、寿司ネタのような生モノを扱わなくて済むのがタコスの良いところ。アウトドアにもってこいです。ただ食べるだけでなく、具材をのせたりの作業は子供も喜びます。

我が家(とその仲間たち)の定番行事、8月の富士総合火力演習では、毎年恒例のお弁当になっています。演習の合間に待ってる間、客席でシコシコ作業して朝御飯にしています。キャンプ飯っぽい雰囲気が楽しめる割に、これの良いところは、

  • 下ごしらえがほぼ不要
  • 火を使わなくて済む
  • 作業させると子供も喜ぶ
  • 和食じゃないので、非日常感が味わえる

火力演習の話はいずれ別途詳しくご紹介したいと思いますが(2017.8.3公開!!『アクセス場所取り駐車場持ち物…火力演習を楽しく快適に見る方法』)、その演習の合間、結構暇なんですよ。6時に入場して最前列に席(というか座敷)を確保して、ほぼ同時刻に試射(練習)が始まります。一時間くらいで終了。本番の10時までやることないんです。子供は飽きちゃう。そんな時、おもむろにレタスを取り出し、細切りにして、アボカドはサイコロに切って…。簡易バイキングの始まりです。子供は大喜び。近くを担当している自衛隊員の方との会話もはずみます(そんなアホなことしてる人、他にいませんからねw)。

材料

じゃじゃーん。材料一式でございます。

タコスの材料

今回は夏の残りの「Taco Rice」(賞味期限切れ目前)を使い切るのが目的なので、全体的にありあわせでありますw  左上からレタス、アボカド、サルサソース、レモン、タコスシェル、「Taco Rice(タコミート)」、シュレッドチーズです。

実際にはチーズはもっと細切りの方が良いですね(こちらはトースト用で代用しました)。
サルサソースも残りちょっとしかないし(汗)。尚、サルサソースは業務スーパーで特大品がお安く購入できます。ちなみにsalsaはスペイン語で「ソース」の意味です。つーことは「サルサソース」ってのは要するに「ソースソース」ってことですねw こういう日本語はよくあります。「チゲ鍋」とか「頭痛が痛い」とか「一番最後」とかね。気をつけましょう。
レモンも本物の方が美味しいですが、アウトドアではボトルのポッカレモンみたいなモノが楽でよいです。

上の写真の他に、ハラペーニョ、サワークリーム、玉ねぎみじん切りなんかもあっても良いですね。本場メキシコでは必ず入る、豆の煮物(チリビーンズって言うのかな?)、あれね、個人的には不味くて(だって味しないんだもん)大嫌いなので外してあります。好きな方はお忘れなく。

ほとんどの材料は切るだけで済むのですが、一番メンドクサイのは味の大黒柱であるタコミート。あまたのレシピでみると、「ひき肉に●●を加えて●●シーズニングを混ぜて炒め…etc.~」とあります。メンドクサイですね。キャンプの前の日に、お母さん、忙しいのに家で下準備しないといけない。
ですが、ズバリこれは割り切って怠けてしまいましょう。オキハムのレトルト「Taco Rice」で代用できてしまいます!本来と違う使い方ですが、これで十分楽しめます。助かりますね~。

オキハム タコライス

ちなみに「TacoRice」はOKストアなどで買えますが、一般的なスーパーなどではなかなか見かけません。一番安いのはヤフーオークション。沖縄の方が個人で出品しています。送料がかかりますので、小ロットだと割高ですが、一度に多めに発注できる方はオススメです。尚、送料に関してですが、沖縄からの取り寄せとなりますので、一番安いクリックポスト(全国一律164円:最大25×34×3cm 1kg迄)を使いたいところです。が…なんと信じられないことに実はクリックポストは船便!なのです!沖縄からだと死ぬほど日数がかかります(東京まで10日とかそれ以上)ので、急ぎの方はご注意ください。

タコスシェル(トルティーヤ)もなかなか売ってませんね。こちらは冷凍品、業務スーパー(神戸物産)12枚で250円位です。本当は温めた方が美味しいですが、アウトドアではそのままでも十分楽しめます。

トルティーヤ

タコスシェルはカルディや高級輸入食材店などで買ったりすると結構割高です。まあレアモノですからね。下手すると、それこそタコベルへ食いに行った方が安くなってしまいますので要注意であります。業務スーパーも仕入れが定期的ではないようで、欠品してることが多いです。見つけたら確保しておきましょう。(よく見てると南米出身っぽい方などは5個とか10個とか、大人買いしてますね~。)

作ってみましょう

材料を切ってゆきます。

レタスは細切りにして、アボカドはサイコロ状にカットしましょう。タコミートはレトルトパックを開けて器に盛るだけです。こんな感じに用意できればスタンバイ完了です。簡単でしょ?

タコス材料 仕込み後

アウトドアでやる場合は器の代わりに紙コップ(プラスチックがベター)と、カップアイスのスプーンを用意すると便利です。レタスは飛散しやすいのでポリ袋に入れちゃうと楽ですね。チーズなんかは袋からそのまま手掴みでもOK。

その他、いくつかあった方が良いものがあります。

ウエットティッシュ ナイフ 牛乳パック(まな板代用品9

レタス等を切るのに折り畳みの包丁を持ってゆきましょう。100均でもOK。あまり切れないけどw
あと、まな板ですね。使用済み牛乳パックで代用しましょう。汚れたら使い捨てるつもりで、数枚持参すると便利です。
それから外での手作業ですのでお手拭が必須です。ウェットティッシュを一本、できればアルコール除菌のやつがあるとよいですね。

材料など一式を小さめのダンボールに入れてゆけば、切る時のテーブル代わりになりますし、材料を仕分けた後、倒れないようにきちっとセットすることもできます。なるべくですが、できれば発泡スチロール製の保冷箱(要冷蔵のチーズもありますしね。)が用意できればベターです。なかなかピッタリのサイズを探すのは難しいですが、スーパーなどで余ってたら貰っちゃいましょう♪

実食

あとは包むだけ。おいしそ~。

タコスできた

タコミートとサルサソースをたっぷり入れるとおいしいです!

量の目安ですが…結構腹が膨れますので、3個も食べたらお腹いっぱいです。2コでも十分満足です。
タコスシェル12枚という前提で…、タコミートが2袋だと少し足りないです。3袋あるとちょうどよいと思います。ただし、OKストア等では2袋入りしか売ってないようです。(上の方で紹介した写真の「TacoRice」は3袋入りパックですね。)
同じく12枚だと、レタスは半タマくらいで足りると思います。アボカドは一個。
チーズやサルサソースは容器ごと持って行けばよいでしょう。多分相当余りますが。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
運動会の季節はもう終わっちゃったから、…紅葉狩りのお弁当にぜひ!
ご検討くださいませ。

ちなみに余談ですが、似たようなノリで、アウトドア生春巻きにトライしたこともございます。
 そちらは……、ライスペーパーの戻しがデリケート過ぎて大失敗でしたw
まあね、トライすることが大事です。
亡き本田宗一郎さんも「成功は、99%の失敗に支えられた1%だ」とおっしゃってます♪

まあ10回やったら8回くらいは成功してますけどね(^_^;)A
そうじゃないと困るし

 

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございます。

こちらもどうぞ!
『花見におすすめアウトドア宴会メニュー』 オススメ
『キャンプおすすめメニュー♪ダッチオーブンで焼く本格ナポリピッツァの生地を手作り』
『100均&MUJI化粧ボトルでキャンプ用コンパクト調味料入れ』
『徳用割チョコで簡単カフェモカ』
『荷物も手間も不要でソロキャンにおすすめ♪まるごとカマンベールチーズフォンデュは絶品!!』
『酒飲みキャンプに必須の氷とクーラー♪安い調達先と意外な代用品』
『100g99円輸入牛をお酢で柔らか絶品ステーキに』

『お酢でやわらか2 超簡単手抜きの牛肉赤ワイン煮』 オススメ
『激安ave199円マグロのカマ焼き♪ホイル塩焼きで失敗しない』

Pocket

スポンサーリンク
クリックコメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください