昔のアナログLPレコード処分する前に中古買取価格&オークション相場調べてみた

Pocket

いつもご覧くださりありがとうございます。

押入れの奥から出てきた大量の古いレコードを処分いたしました。じいじのものであります。二十年ぶりくらいに箱を開けられたのではないかな。基本的に捨てちゃうモノですが、『もしかしたらお宝が眠ってるかも…』と下衆な下心を抱きつつ、捨てる前に買い取り屋さんなどを調べてみました。

結構面白かったので残しておきます。雑談記事ですので軽く流してくださいませ。

ではどうぞ。

20年モノのゴミの山

こちらがそのブツであります。約20年ぶりに陽の光を浴びました。

ただのゴミなのか、お宝が眠っているのか…、まあ前者でしょうね。普通ね。我が家にお宝があるはずないわなw

不思議なことに、普通の全うな(?)アーティストのLPが見当たらないんですよね。じいじの世代だからGSとかフォークとかありそうなもんですが。聞いたことのないような外人さんとかばっかりです。誰かにあげちゃった残りなのかな?

まあでも何か出てくるかを期待しつつ…面白半分で調べてみました。
ついでに買取店や中古流通サイトの情報も載せときますので、今後レコードを売る予定の有る方は参考にしていただければ幸いです。

 では、いってみよう!

買い取り屋さん

中古レコード屋さんというべきなのかな。まずは昔からお馴染みの買い取り店です。最近は、遺品整理で大量出張買い取りのニーズも結構あるようです。グーグル先生に聞いてみると結構出てきました。まあ実際に買い取りを頼んでも二束三文なんだろうけどね。一応サイトをチェックしてみると…。

この三社辺りが買取りでは有名な大手(?)のようです。あと専門店ではないけど、BOOK・OFF(ブックオフ)の派生店舗である「HARD・OFF(ハードオフ)」がありました。

いずれも持込の他、出張買い取りなんかもやってるようです。興味ある方はリンク先覗いてみてください。

まあでもウチのレコードの場合、保存状態もバラバラだし、聞いたことも無いアーティストばっかりだしね。出張に来てもらうほどの量でもないし。こんな情弱の状態で持ち込んでもカモ葱でしょう。

こちらがお願いしてる立場なのに、ちゃんとした相場価格で買い取ってもらおうなんて、そんな傲慢な幻想を抱いてはいけません。アチラさんも商売ですからね。

やはり直接、流通市場を確認するしかありませんな。さてどこで確認するか…。

中古相場を確認できるサイト

結論から言うとあんまりないんですよね。情報が少ない。なので「これだ!」という決定打がないのですが、いくつか漁った情報の中から少しは役に立ったものを並べておきますね。

ヤフーオークション

→『ヤフオク レコードカテゴリー』

ヤフオク レコードカテ

定番のヤフオクです。パッと見た感じだと70-80万以上の出品があるようです。件数だけならamazonより多いですね。レコードに限らずですが、オークションならではの一物一価というか、状態によって価格もバラバラで(高いものから安いものまで)分かり難く、使いこなすには少し慣れが必要です。まあ情報が少ないよりはマシですけどね。

ヤフオクは出品相場だけでなく、一年位前から過去の落札相場が検索できるようになったのが便利です。落札相場が残っていれば、「その値段で買う人がいる」という証拠になりますからね。

ちなみに落札相場は、それ以前はオークファン(←重くて使い物にならない)などのサイトを覗かないと分からなかったのですが、今後はヤフオクの本サイトだけで全て確認ができてしまいます。せっかく上場したのにオークファン存亡の危機。株価も典型的な上場ゴール銘柄のそれですからね(笑い事じゃないなw)。

国内販売のLPはまずはヤフオクを調べてみました。「こんなレコードないだろうなな…」ってヤツが案外見つかりましたよ♪

amazonマーケットプレイス

 ⇒『amazon ミュージック CD通販』

amazon レコードカテ

絞り込みで、「フォーマット」を「レコード」にすると探しやすいです。このカテゴリーで30万件以上あるようです。ナカナカです。件数はヤフオクより少ないですが、こっちの方が見やすく情報量も多いように感じます。新品と並んでるから分かりやすいのかな?

ヤフオクの次はamazonでの検索が常套ですね。

amazon.com(アメリカの本家アマゾン)

→『amazon.com CD&レコード カテゴリー』

amazonアメリカ レコード

洋盤はこちらが圧倒的に多いですね。南米の怪しげなマイナー歌手でも出てきますw まあ相場があるからといって、果たして売れるかどうかは別問題ですがw 

当然ですが英語サイトです。今回はじめて知ったのですが…レコード(record)って記載がないのです。『Vinyl(ビニール)』っていうのがレコードのことらしいです。上の写真見ていただくと分かりますが、カテゴリーに『CD&Vinyl』と書いてあるでしょ。え、常識だって?失礼しました…。

そうするとレコードのアレって原料ビニールなんですかね?最近はビニールと称してるものでもポリエチレンとかポリプロピレンだったりしますけどね…。我が国で最初に『れこーど』って命名した人、いったい誰に聞いたんだろ。

ヤフオクと国内amazonで分からなかったら、こちらを検索ですね。洋盤はとりあえず最初にこちらで探しても良いかもしれません。

ちなみにamazon.comは、やる気があれば出品もできますよ♪
ニトリで買ったコタツをUSAamazonのマーケットプレイスで売り捌いた(個人貿易)日本人のツワモノもいるらしいです。

セカイモン(e-bayの日本窓口?)

⇒『セカイモン(sekaimon)』(「レコード」カテゴリーで検索)

セカイモン レコードカテ

アメリカのオークション最大手e-bay。最近は便利なことに『セカイモン』というサイト経由で国内に居ながら落札ができるようです。しかも円払いで。まあよく見ると、手数料と送料がハンパないですけどね。21世紀の現在、日本で買えないものはあんまりないけど、選択肢の一つとしてあるのはありがたいですね。

amazon.comで見つからない場合でも、セカイモンで検索に引っかかったブツもありました。一度見てみるだけでも楽しいかも。

ディスクユニオン(disk union)

→『ディスクユニオン 中古レコード検索』

diskunion 中古レコード

先に挙げたの買取屋(中古レコード屋)さんのうち、ディスクユニオンだけは、サイトで中古盤の検索ができるようです。ですが…サーバーが重い。他の大手サイトetc.と比較するのは可哀想だけどね。反応が全然ありません(^^;)A 

その上全く検索に引っ掛かりませんw
在庫データが少ないのか…まあうちの古レコードがマイナー過ぎるってのもあるんでしょうけどね。まさに皆無。うーん、まあ古物商ってのは目利きが命の商売だからねえ。需要がないものを扱わないのはしょうがないか。

今回はほぼ役に立ちませんでした。「無いよりはマシ」ってレベルです。お高いお宝レコードをお持ちの方はご活用くださいませ。

面白レコードいろいろ

さて、「お宝はないかのう、ゲヘヘ」と、いろいろ調べてたら面白レコードがいくつか出てきたのでご紹介します。ハッキリ言って何の役にも立たない情報ですw まさに便所の落書き、チラシの裏にでも書いとけ!!って話ですが、酒の肴にどうぞ。

「ふしぎ、発見!!」

REINA MONTES(レコード会社不明)

お一人目はこちらの女性シンガー。

reina montes LP

何なんでしょうか?聞いたことも見たこともない異国のミュージシャン。ジャケットに記載の文字を見るとスペイン語のようですが、果たしてどちらのお国の方でしょう?謎です。

当然ヤフオクにもamazonにも見当たりません。普通の検索でグーグル先生に聞いても分かりませんでしたが、なんと! e-bay(セカイモンで検索)で出品してる方がお一人!! そして30㌦w 大分綺麗なモノの出品らしいけどね。うちのはボロボロのゴミ同然です。

そして更なる謎…。ジャケット右上に直筆のサインがあります(笑)。本人のモノでしょうか?スペイン語かな?最後の方に本人の名前『Reina Montes』って書いてあります。前の方は「●●さん江」とか書いてあるのかもしれませんがまるで読めませんw せめて英語ならw

reina montes LPじいじは何も覚えてないそうで。誰の持ち物なんだ、これw

もしかしたらお宝なのか・・・これ?
捨てちゃって良いのかなw(^_^;)A

日本のニュージャズ(コロムビア)

お次の不思議さんはこちら。

日本のジャズ 原信夫 山本邦山 LP

斬新w 何なんでしょうかね、これ。尺八とサックスのコラボw こういうのが流行ったんですかね。戦後の高度経済成長期、何でもアリの時代の息遣い、活力を感じますw

裏面はこちら。

原信夫さんって有名な人なんでしょうか。名前くらいは聞いたこと有るような無いような。山本邦山さんって方も多分尺八界の権威あるお人なんでしょうね。そして見てください、この『ザ・七三ワケ』。新鮮です。鈴廣のカマボコみたいな美しさ。今時こんな綺麗な七三ワケは浦和レッズの槙野智章くらいかなw

こんなキワモノみたいなレコード、当時ならともかく、今時欲しい人なんていないよな…と思ったのですが、一応調べてみてビックリ。…なんと!! ヤフオクに出品情報アリ。そして即決9800円(爆)

うーん捨てていいのかなあ?
出品があるだけで、落札情報がないのがミソですがw
この出品者、冗談で値付けしてると…思いたいw

フェレンツ・フリッチャイ/ドヴォルザーク「新世界より(From the new world)」(DGG)

お次は不思議ちゃんではありません。クラシックの定番です。

新世界より ドヴォルザーク LP

子供のころ何回か聞かされた記憶のあるレコードです。それ自体は何の変哲もないのですが…。

こちらは価格がビックリ!! オークションやマーケットプレイスで5000~10000円で流通してるようです。そしてその中でも高いモノから安いモノまで、値段の違いがあるようです。程度(状態)の違いは置いといて、何か、初版とかドイツのどこぞの工場出荷とか、記念プレスとか、何らかのレア度があるような気配です。素人の私にはサッパリ分かりませんw 

クラシックでプレミアム付きって何なんでしょうね?ドヴォルザーク本人の肉声入りとかならわかるけど。後世のオーケストラの演奏ですからねえ。不・思・議。
これは捨てるのやめようかなw
どうしよう(^^;)A

JURIO IGLESIAS(フリオ・イグレシアス) A MIS 33 ANOS(CBS)

こちらはご存知の方も多いでしょう。日本でも人気のあった有名なアノ歌手であります。

かつて一世を風靡したフリオ・イグレシアス。ちょっと前の、『韓流追っかけオバハン』の先駆けのようなノリだった感じでしょうか。当時熱を上げてたオバサマお姉さま達も、今やすっかり後期高齢者の仲間入り。一瞬の光陰軽んずべからず、人生とは儚いモノです。

フリオイグレシアス 33anos LP

で、タイトルなんですけどね、ホントはANOSの「N」の上に「~」が入るんですけど、キーボードでの打ち方がわからんもんでスミマセン。読み方は「アニョス」ですね。キワドイので間違えないように!! で、33 ANOSってことは33歳ってことでしょ。『おいらも33歳になって大人の男だぜ』…みたいな歌だと思うんだけど(勝手に推測)…見てください、この貫禄w

まあ元々彫が深い人種の方ですけどね。スゴイなんというか、イイ意味でのおっさんのオーラ、中年オヤジの色気満開ですw
ですが、まだ33歳です。嵐の二宮君がたしか33歳くらいだよなw

襟の大きさもハンパありません。F35のエアインテークくらい迫力満点です。

肝心のお値段は…。全くダメでしたw
100~300円程度で流通してるようです。儚いですね。

Кино(Kino?) 何もかも不明w

一言。まったく読めませんw

Кино キノー kino

当てずっぽうに調べたら、「キノー」と読むらしいです。ウィキぺディアでそこまでは分かりました。が…あとは全くワカリマセンw どうもロシアというかソ連のバンドみたいですね。

キリル文字が読めないのでそもそもタイトルもレコード会社も何もかもがわかりません。少しは英語も混ぜといて欲しいわw アフリカの子供とかね、文字が読めない人の気持ちが分かる気がする。教育ってありがたいねw

レコード盤はまっさらの綺麗な状態。多分一回も使ってないような気がしますね。だいたいなんでウチにこんなもんがあるんだろうか。じいじがロシア関係の仕事してるときに貰ったのかな。ロックバンドなんか興味ないだろうしね。

セカイモン(e-bay)で12000円くらいの出品がありました。100㌦ってことかな。冗談だよね?

長渕剛 『From T.N.』 (東芝EMI)

ようやく知ってる人が出てきました。

イモ欽トリオのフツオ…じゃなかった。ニューミュージック(死語だね)の旗手、長渕剛さんであります。まださわやか路線だった頃ですね。ムッシュかまやつもそうだけど、このヘアスタイルってどういうしくみになってるのかしらね。

こちらは裏面。

この笑顔w 最高です。数年後にドスの利いた声で「ろくなもんじゃね~(怒)」とか歌うようになるなんて、想像もできません。定番の「乾杯」なんかもこの頃の高音バージョンの方が個人的には好きであります。

そしてこちらも例によって出所不明です。じいじなんて名前も知らないくらいです。かといって私の世代じゃないんだよな。小坊、中坊がこんなの聴いてたらシブ過ぎるし。誰のなんだこれ?

78-83年のシングルコレクションなので、発売は1984年位かな?年代的にはCDに切り替わる直前くらいですかね。

巡恋歌、順子など入っててなかなかいいコレクションなんですけどね。久しぶりに『高音長渕』を聴きたくなったのですが、残念ながらプレーヤーがありません(´・ω・`)ショボーン

ちなみに相場は…かなり可哀想な感じです。

Enrique y Ana

これは…多分、当サイトをご覧くださっている方の99.9%が知らないと思いますが、個人的にはかなり懐かしい。40年くらい前に流行ったイケメンお兄さんと女の子のDuo。当時スペイン語圏に在住していた同世代の方はご存知の方もいらっしゃるのでは(極少数かとは思いますがw)。 職場や友人でそういう人がいたら是非聞いてみてね♪

記憶が曖昧ですが、おそらく『アルプスの少女 ハイジ』スペイン語版の主題歌吹き替えをやってたんじゃないかと思うんですよね。で、当時のヒットした曲がこちら。

いやあ懐かしい。ハハハ、自己満足以外の何モノでもありません。

まとめ

ということで、後半は無駄話にお付き合いしていたくことになってしまい、大変恐縮であります。他にもオッ!これはイケるんじゃないの?? というのがいくつかあったんですけどね。ビートルズのラバーソウル(「Rubber Soul」)とか、サウンドオブミュージックのサントラ盤とか。でも全然ダメダメでしたw 私は目利きにはなれそうもありません。

まあでも粗大ゴミで捨てるよりは多少なりともマシな感じでしょうか。家族で安い温泉に一泊行くくらいはできそうです。前半部分のサイト情報は結構有用だと思いますので、ニーズがあればお役立ていただければ幸いです。

それにしてもレコードって結構重いですよね。嵩張るし。

 

本日も最後までお付き合いくださりありがとうございました。

こちらもどうぞ♪

『処分するエレクトーンをバラバラに分解してみたら移動楽々費用も安くなった話』
『2017年6月から 定形外・ゆうメール・はがきの郵便料金値上げのポイント』

『クロネコメンバーズの新設割引駆使したら宅急便代が値上げ前より安くなった話』
『ダイソータッカーでダイニングチェアーの張替えやってみた』 オススメ
『プリンタインク代を限りなくゼロにする方法』
『安くて在庫豊富なネット通販「駿河屋」で古本購入してみた』
『ふるさと納税2ヶ月待った泉佐野市の和牛ステーキ肉が写真と全然違った(笑)話』 
『底の穴開きが一瞬で消えた(笑)?人工ダウンの暖かルームシューズ』
『マキネッタを使って自宅で安くエスプレッソを楽しむ方法』 
オススメ

Pocket

スポンサーリンク
クリックコメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください