応募方法はこちら♪陸上自衛隊富士総合火力演習平成30年チケット受付開始!!倍率高いが応募しなきゃ当選しないヨ

Pocket

(2018.6.16追記更新)
当記事は元々2017.6.6に投稿したモノです。
本日より本年度(2018年度)の応募受付も開始されましたが、応募券の選び方等の基本的な考え方は、昨年同様そのままご参考にしていただけるかと思います。その上で日時他の詳細について、今年(2018年)の情報にアップデートしておきましたので、観覧をご検討されている方は、うまく掻い摘んでご活用いただければ幸いです。

尚、今年度の変更点として、「『スタンド席かシート席か』が抽選となった」との記載があります。この記載だけだと詳細が分かりにくいですが、恐らく当選ハガキ到着時に席種が明記されているのではないかと思われます。現地で抽選するという可能性は…まあ無いと思います(笑)。

やや大事な変更点ですので頭の片隅に入れておきましょう。ですが、事前に特に希望等を出せる訳でもありませんので、応募時には気にする必要は全くありませんw

—————————————————————————————————————————

いつもご覧下さりありがとうございます。

早いもので今年も既に折り返しの6月です。総合火力演習の応募季節となりました。
2017年から往復はがきでの受付をやめ、全てインターネット応募に一本化となりました。保守的なお役所仕事にしてはナカナカ大胆な決定、感心であります。

ということで、今一度応募方法のおさらいと、ついでに火力演習の概要など、軽~く記載してみました。歴戦のベテランさんには今更な情報ですが、今年から初めて応募するヨ!!という方はご参考になさってください。

なにしろタイトルの通り、応募しなけりゃ当たりません。
でも宝くじと違ってタダだからねw

ではどうぞ。

————————————————————————————
別途、良席確保のポイントや早く列に並ぶ方法、その為のアクセス手段、あると便利な持ち物、帰りのバス待ち渋滞回避方法など、一通り別記事として投稿しております。事前準備にご活用下さい。
『アクセス場所取り駐車場持ち物…火力演習を楽しく快適に見る方法♪予行日程も』
————————————————————————————

富士総合火力演習(そうかえん)とは

以前は知る人ぞ知るマニアックなイベント(と言って良いのかな汗)でした。ですが、昨今はアニメや漫画で取り上げられたり、地道な広報活動の成果でしょうか、一般にも徐々に浸透してきた感があります。

陸上自衛隊が実施している演習の一つで、毎年8月末に御殿場市の東富士演習場で行われております。2018年(平成30年)は8/26(日)です。通常の演習と異なるのは、一般公開されるため、我々一般人が観覧できると言うことです。演習の位置づけとしても、全国の駐屯地から部隊が集合して、普段の訓練の成果をお披露目するという、言ってみたら訓練の集大成なのでしょう、甲子園大会みたいなモノ、と言う方もいます。

とまあ能書きをグダグダ言ってるよりも、こちらの動画をご覧頂いた方が早いでしょう。陸上自衛隊公式の広報チャンネルです。どうぞ。

ここでしか見られない実弾射撃

我々一般人にとっての最大の見所、つまり他では見られない『ココ』でしか見られないモノ、それが実弾射撃です。基地イベント等で車両展示みたいなのはよく聞きますけどね、さすがに大砲やミサイルをドッカン、ドッカン撃つ訳に行きませんからね。

実際に戦車やヘリコプターなどの実弾射撃が間近で見られるのが最大のポイント。朝早くから頑張って並んで最前列付近に陣取れば、迫力の射撃シーンは目の前数十メートルです。特に90式戦車と10式戦車の実弾射撃の迫力はライブでなければ絶対に分からない凄まじい迫力(^^;)Aオソロシス…

ちなみに上の動画の47分過ぎ辺りから出てくる戦車群が90式と10式です。ですが…、
断言しますが映像では実際の迫力の1/100程度しか伝わってません。音も凄いですが、爆風による衝撃波(?)と火薬の匂い、あの凄さは現地ライブでなければ感じることはできないでしょう(^^;)A

F1(最近は回生ターボでショボイけど)や航空祭のジェット機を遥かに凌駕するサウンドです。これを上回るのは恐らく(見たことないけど)海自観艦式の射撃か、種子島のロケット打ち上げ位しかないのでは(汗)。

お祭りやイベント好きなアナタ、一度は見ておいて損はありませんよw

観覧には入場券(チケット)が必要

入場券は無料ですが、一般抽選に応募し、当選しないと入手できません。
実は一般公開の本番日(2018年は8/26)以外にも、事前に予行の教育演習日が数日あり、一部地元の方や関係筋に招待券が配られるようです。知人筋、親戚筋などを探してみるのも一手ですが、コネ(?)がない我々シモジモは頑張って抽選に応募いたしましょうw

ということで、四の五の言う前にまずは陸上自衛隊公式HPをどうぞ。
『陸上自衛隊:富士総合火力演習:応募方法について』

2018年の応募申し込みは6/16(土)から既に受付開始しております。締切は7/16(月)24時ですのでお忘れなく!!

応募の際の注意点

上のリンク先をクリックするとこんな画面ですね。

火力演習応募画面

陸上自衛隊の応募画面に丁寧な記入例が掲載されています。見ながら入力してゆけばそれ程難しくはないでしょう。『→応募する』をクリックして申込みフォームへ遷移しましょう。

火力演習応募フォーム

住所氏名年齢等々の属人的情報はそのまま記載いただければ問題ありませんね。

ですが、初めての方だと???と迷うのが赤枠内の二点。

  1. 青少年券にするか一般券にするか
  2. 駐車券希望の有無(マイカー券か、電車券か)

この二点、テキトーに選んでしまいそうですが、結構重要なのです。
というのも、選び方によって抽選倍率が大きく変わるからです。

公式には全体の当選倍率が例年28-30倍程度、駐車券付きチケットの倍率は200倍(!!)とされています。その他は詳細はオープンになっていませんが、一般券はやや当たり難いと言われています。

つまりチケット種別によってかなり倍率にバラツキがあると。
基本的には青少年券が最も優遇されているようです(つまり高確率=当たりやすい)。まあイベントの性格上、リクルーティングにも有効活用したいという考えは十分理解できますのでね。

ということで以下、一応簡単に触れておきますので、初めての方はよくご注意下さい。

青少年券か一般券か

最初に前提ですが、当選した場合には一申込みで最大4名まで入場できます。
例年だと、入場時に当選ハガキを見せることで、人数分(最大4名)のチケットと交換となり、そのまま入場します。細かなことですが入場時に『居る人数分』しか貰えません。全員揃ってないとNG。後から一名遅れてきます、とかはダメってことね。

で、青少年券というのは、その「同時入場のグループ内に29歳以下の方が一人以上居る場合」に使えるチケットという意味です。極端だけど、例えば高校生が一人いさえすれば、他の三人が「青少年ではない」爺さん婆さんばっかり(笑)でもOKです。

逆に一般券というのは年齢制限なし、誰でも入れますよと。

なので同行予定者に29歳以下の人がいるなら青少年券で応募した方が良いです。

ただし!! 例えば、子供を連れて行く予定だったけど、当日具合が悪くなっちゃったから爺さんだけ三人で行くか、みたいな場合は当然入場できません。

特に小さい子供をアテにしてる場合は要注意です。
爆風・轟音や炎天下直射日光で子供が堪えられなくなるケースがよくあります。公式ページにも幼児はご遠慮下さいという旨記載がありますのでご注意を!! まあせいぜい中学生以上でしょうかね。

当然、最初からオッサンばっかりの場合は、一般券での応募となります。

よくご確認下さい。

マイカー券(駐車場付き)か電車券(御殿場駅)か

これも要注意です。
地図を見れば一目瞭然ですが、演習場は「足」が無いといけない場所ですからね。ついつい『駐車券付き』を申し込んでしまいがちです。が…

基本的に電車券(御殿場駅)で応募しましょう。
駐車券付きはまず当たりませんw

200倍ですからね、200年に一回しか当選しませんので。
仲間4人で4枚応募するとして、全部併せても50倍、50年に一回です。

そら当たりません。

結論:電車券+青少年券が最強

ということで基本は電車券、プラス『できれば』青少年券がオススメ。
全体倍率が28倍ですけど、青少年券はもっと高確率、経験上、多分15倍程度じゃないかなぁ…と思います。

ということで、同行してくれる親戚や知人の若い人を探しましょうねw

何も考えずに、なんとなく『マイカー券×一般券』で応募していたアナタ、そんなんじゃ永遠に当選しませんよw

 

電車券に比べマイカー券が必ずしも便利とは限らない

そうなんです。
実際ね、電車券の方がいいんじゃね?と思うことも多々あるのです。なので、一応補足しておきますネ。実際の当日の様子を少しだけご紹介すると…

電車券で行くとこんな感じになる

電車券の場合、御殿場駅からバス(有料)で会場まで移動することになります。
地元の路線バス(富士急だったかな?)が臨時ダイヤを組んで早朝より「御殿場駅-演習場」間をピストン輸送していますので、それを利用します。当日早朝御殿場駅に着けば、既にバス待ち行列になってますので、すぐに分かるでしょう。

始バスが出る前に、「一刻も早く行きたいっ」という方は深夜にタクシーを利用する手もあります。会場まで3000円くらいでしょうか、ややお高いですが、四人でシェアすればそれなりかも。

といっても「結局始発電車が到着する時刻より以前には動きようがないじゃんね」と、お思いかもしれません。ですが…電車券って『駐車場が付いてない』ってだけで、別に電車で行かなくてもいいんですヨ。車で行って御殿場駅の有料駐車場に入れちゃう人もいます。早く行かないと満車になっちゃうし、結果的に長時間になるから高いけど。

あとは前日終電で到着してタクシーで演習場まで行って寝る人とかね。山の天気を舐めない方が良いので、あまりオススメはしませんが、イロイロと選択肢・方法はあるのであります。夜中の暇つぶしに歩いて会場まで行く人もいるとかいないとか。

マイカー券で行くとこんな感じ

一方のマイカー券(駐車券付き)ですが、さすがの高倍率、万一当たれば最高の勝ち組だろ!? と考えそうなモンですが、そうでもないのがオモシロいところ。

難点は①駐車場が離れている(一部除く)②駐車場のオープン時刻まで入れない、と問題があります。

結局ですね、早く行っても駐車場が開くまで入れない、駐車場の開き待ちで路上で並んで待ってなければいけないのですね。

で、何時か知らんけど(5時とか6時?に)やっとクルマを駐めて、さあ客席に入場だぜ!! という訳にもいきません。何と!! それからシャトルバスに延々乗らなあかんのです。すると会場に着いた頃には既に長蛇の列、下手すりゃ開場後(6時半くらい)だったりしたら最早良席は諦めるしかありません。

まあ開始直前(9時頃)に行くからええんや、って人はね、遅くに行っても駐車場が確保されてるから安心でしょうけどね…。

帰りも『駐車場に戻る為』のシャトルバス待ちで行列です。
マイカーだからって、パッとクルマ乗って帰れないという。あんまりメリットないでしょ?

まとめ

ということで、必要な情報のみシンプルにお届けいたしました。
まだ応募段階ですので、要点のみ。

日頃の行いを良くし、運を無駄使いせず…あとは祈るのみ(笑)。
運良く当選した方には8月初旬に当たりハガキ(入場時交換用)が届きます。残念ながらハズレた方への落選通知はありません(悲)。

昨年2017年の場合だと…
早い人で7/25頃に当選ハガキが到着し始めた様子でしたね(ちなみにマニアの間ではこれを『弾着』と言いますw)。昨年はインターネットに一本化したせいか、例年より一週間位早かった記憶があります。

今年(2018年)は受付時期(開始~締切)が二週間後ろ倒しになっていますので、告知の通り8月初旬までかかると思った方が良さそうです。その頃になると、ドキドキしながらポストを覗く毎日となりますw 

—————————————————–
(2018.8.3追記更新)
昨日より、首都圏周辺は当たりハガキが到着し始めたようです。
運良く当選した方は、躍る気持ちを抑えながら、観覧の準備に取り掛かりましょう。
アクセス、場所取り(?)やあったら便利な持ち物など、ある程度網羅的にまとめたこちらの投稿も是非ご参考にされてください♪
『アクセス場所取り駐車場持ち物…火力演習を楽しく快適に見る方法♪予行日程も』

—————————————————-

本日も最後までお付き合い下さりありがとうございました。

こちらもどうぞ♪
『東京マラソンの週末に…8インチミニベロで都内散歩』 
『レッドブルエアレース土曜テストフライト入場無料の浦安滑走路で観覧してきた』 
オススメ
『名車がズラリ!!浅間ヒルクライム観覧してきた』 オススメ
『富士スピードウェイモーターファンフェスタと山中湖道志ツーリング』
『鈴鹿F1ライブ観戦のおすすめ♪初心者向けチケット(席)選びのポイントと持ち物他準備情報』
『鈴鹿F1日本GP金曜フリー走行現地観戦実況レポート』 
オススメ

Pocket

スポンサーリンク
クリックコメントを閉じる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください